孤独なナースの恋 キャロル・マリネッリ


孤独なナースの恋 (ハーレクイン・イマージュ)
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2016-07-15
キャロル マリネッリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 孤独なナースの恋 (ハーレクイン・イマージュ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<あらすじより>
ナースのクララは15歳で両親を失い、胸に孤独を抱え生きてきた。
幼なじみの男性を心の支えにしてきたが、所詮報われない片思いだった。
だがそんなクララの前に、イギリスから来た医師のティモシーが現れ、 ある夜、強引に彼女の唇を奪って叶わぬ恋から目を覚まさせた。
誰をも惹きつけてやまない人柄とハンサムな容貌に魅了され、 いつしかクララは彼に身も心もささげていた。
けれども、彼は3カ月したらまた別の地へ向かう身……。
クララはここにとどまってくれることを密かに願ったが、 非情にもティモシーは別れを告げ、去っていった── 彼女のおなかに、わが子の命が宿っているとも知らずに。

<感想>
久々のハーレ!! って前にも書いた記憶^^;;
1年に1回くらい、猛烈に読みたくなって戻ってきてる感じですかねー。
そして、今回は私の好みにぴったりでした。
ある意味、片思い同士でこころのすれ違い、相手の心を推察して、身を引く2人。
そして、ちょっと自己評価が低いヒロイン。
もう直球ど真ん中な話でした。

さて、中身ですが、あらすじから、シークレットベビーが生まれてから過去の恋愛が復活していく話かと思いきや、その前の段階のヒロインが失恋する場面からヒーロー登場して、2人がお互いを思いながら踏み込めない感じが続きます。
体の関係は持っちゃってるんだけど、ヒロインはヒーローはやがて去っていく人だから深入りしないように、ヒーローは失恋でヒロインの思い人の身代わりにされていると思ってて、お互い遠慮しちゃって、すれ違っていきます。
そこがたまらなく良かったんですが、人によっては、グダグダやってないでサッサと思いを告げろ!ってイライラしちゃうかもw
ヒロイン目線で話が進んでいって、突然、去っていくから呆然とするんだけど、最後にヒーローの口から理由を聞くと、あれの事、そんな風にとっていたのか!って目から鱗で面白かったです。

しかし、アウトバックの周辺何時間もクリニックがないような地区での病院が、こんなにホイホイ人員が着任したり、離職されたりしたら、本当に残った看護師の仕事が大変だろうな(T^T)



<お気に入り度>
★★★★☆

この記事へのコメント