読書感想記「HOLLY's Reading」

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしだけの後見人 アン・アシュリー

<<   作成日時 : 2015/09/10 12:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


わたしだけの後見人 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル)
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2015-08-28
アン アシュリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしだけの後見人 (ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<あらすじより>
孤児のセーラは、6年間身を寄せていた付添人の家をあとにした。
学校は卒業したし、親友は結婚してしまった。
後見人のレイヴンハーストは雀の涙ほどの仕送りをくれるだけで、一度たりとも会いに来てくれたことはない。
ならば街へ出て仕事を見つけ、自立しよう。
セーラはそう決めたのだ。
ささやかな希望だけを道連れに、未亡人と偽り馬車に乗りこんだ彼女はしかしあいにくの大雪に阻まれ、宿屋に足止めされてしまう。
するとそこへ、雪だらけの外套をまとった長身の紳士がやってきた。
なんて優美な足取り。きっと身分の高い人に違いないわ。
だが、にこりともしないその男性の名を聞いて、セーラは呆然とした。
レイヴンハースト?まさか…あなたが私の後見人なの?

<感想>
ひさびさにハーレを手に取りました。
数年前、これ漫画で読んでぜひ原作も読みたい!って思っていた作品なので、やっと再販されたーと喜び勇んで買いました。
漫画版を手にとるちょっと前に、ハーレクイン・リクエストのシリーズで出てたんですが、その時は買わなかったんですよね。
それから、ずっと読みたい読みたいって思ってたんですよ。
そんなに何が読みたかったかというと、漫画のあとがきで、裸でベットにいるヒーローが胸をシーツで隠して恥らっているシーン。
ヒーローが乙女のように恥らうって何があったの!?という。
漫画で気に入って原作読みたいって時に、すぐ手に入らないのが困りものです。
いやー、そういう事だったのね。
ヒロインの女子高生ばりのパワフルさにタジタジのヒーローでした。

さて、内容。
推理モノでした。
ヒロインが身分を偽った状態で、ヒーローと出会い、雪で動けない宿で沢山の人達の中で起きる殺人事件。
そこから繋がる社交界で続いていた宝石泥棒、の話ではあるんですが、そっちのけで、ヒロインがヒーローを振り回してますw
なんというか、ヒロインが純真さからくる怖いもの知らずで、元気な女子高生って感じでしょうか。
とにかくパワフルで、行動的です。
それを強引に守りながら、しかし、ひかれるのが止められないっていうヒーロー。
口では怒りながら、もうしゃーないなーって、目を細めながら喜んで振り回されている様子が目に浮かびます。
ヒーローの祖母もいい保護者で、そんな2人を手のひらで転がしてるっていうか、ああ青春っていいわねーとどっしり見守る感じでほのぼのしてました。
出てくる人、犯人も含めて、個性的というか、きちんと考えてつくってある感じでよかったです。
こういうハーレの推理ものって、何故犯人がそんな事をしたのとかを放置してあるの多いですけど、これはそんな事なくてよかったです。

<お気に入り度>
★★★★☆

そして漫画版。
こちらもおすすめです。


わたしだけの後見人 (ハーレクインコミックス)
ハーレクイン
2012-08-01
田辺 真由美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしだけの後見人 (ハーレクインコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたしだけの後見人 アン・アシュリー 読書感想記「HOLLY's Reading」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる