ナニーがついた愛の嘘 ミシェル・セルマー


ナニーがついた愛の嘘 (ハーレクイン・ディザイア)
ハーレクイン
2014-09-12
ミシェル セルマー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナニーがついた愛の嘘 (ハーレクイン・ディザイア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<あらすじより>
娘たちといられるなら、どんな嘘もつこう。
たとえ彼に蔑まれ、愛を失っても。
大富豪のクープが住み込みのベビーシッターを募集中だと知り、看護師のシエラは焦りに駆られた。
彼の亡き兄の養子だった双子を最近引きとったというのだが、実はシエラこそ、その双子の赤ちゃんの生みの母なのだ。
やむなく手放した娘たちが、プレイボーイの彼のもとで育つなんて!
どうしてもそばで見守ってやりたくて、シエラは応募を決意した。
だがいざ採用されてみると、シエラの予想は裏切られた。
クープは双子を心から愛し、立派に父親を務めているではないか。
しかも彼に熱いまなざしで見つめられて、シエラの胸は高鳴る。
だめよ、私の秘密を知られれば、身の破滅は確実なのに……。

<感想>
なんつーか、お話としては悪くないんだけど、なんだか倫理感が合わない話でした。
ヒーロー・ヒロインのカップルだけを見れば、少々お股が緩くても大丈夫なんだけど・・・。
双子の育児手帳をみれば丁寧に育て愛してたのは間違いないんだけど、手放した理由が保身じゃなー。
そもそもの発端も、ヒロインが股ゆる具合にあるんじゃね?と。

以下ネタバレ気味を書く。
双子の出来る経緯は、自分自身にショックな事があったのと、双子の父親も落ち込む事があって、双方とも人肌を求めてたという感じ。
難しいところだけど、本気で愛してた!とか憧れの人だった!とかならまだ理解できるんだけど、離婚間際って言われてたとしても既婚男性と、さほど恋愛感情をもってないのにそういう関係になるのはちょっと倫理的にどーなのよ!とBBAは思ってしまうのです。
そんなヒロインに惚れて結婚して、事実を知らされたヒーローはよく許したな。
恋は盲目ってやつですかね?
しかし、シャーシャーとヒーロー妻に納まって、許せん!
ああ、可哀想な兄嫁。
何も知らずに双子に愛を注いでたんだろうからなー。
事故で亡くならなかったらどうなってたことやら。

久々のブログ更新でした。
本当はリングレの記念号で更新したいと思ってたんだけど、二度とこの手の地雷を踏みたくないので記録として書いておきます。


<お気に入り度>
★★☆☆☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント