裏切りのハネムーン リン・グレアム



<あらすじより>
オフィーリアが長く面倒を見てきた祖母が亡くなり、遺言状が読みあげられるときがきた。
その席にリサンダー・メタクシスも立ち会うと知って、オフィーリアは内心穏やかでなかった。
祖母が住んでいたマドリガル邸は、もとはメタクシスの一族の所有で、リサンダーはここを買い戻そうと躍起になっていた。
とはいえ、彼が呼ばれる理由はないはずなのに。
間もなく、驚愕の内容が明かされた。屋敷はオフィーリアとリサンダーに遺贈。
ただし両者の結婚が条件。まさか。彼と結婚するなんてありえない。

<感想>
超テンプレ通りのお話でした。
家族を大事にするヒーローと、そのヒーローから金目当てと誤解されているけど実は純真で控えめなヒロイン。
お互いに手札を見せ合わずに疑心暗鬼が誤解を呼ぶが、愛の力で乗り越える・・・
ないのは意地悪なライバルだけかな?
その代わり祖母が強烈な性格のようでしたが、早々にお亡くなりになっているし。
なんかテンプレ通りすぎて、ヒーローヒロインの描写がおざなりなっている気がする。
そこが残念。
それでも、読ませるリン・グレアムはすごい(笑)
シリーズ物の突端なので、まずは下地になる兄姉妹達の母親とその祖母および周りの環境の説明のためのお話といったところかな。
ヒロインは、純真で控えめなんだけど、火山の中にマグマを秘めているようなパワーがすごい。
そのパワーを圧されて、なんとか噴火させないように立ち回るヒーローという印象。
振り回しているつもりなくヒーローを振り回しているヒロインは、ヒーローに振りまわされているとずっと思っているんだろうな~。
妹と兄の話も期待してます。

<お気に入り度>
★★★☆☆

この記事へのコメント