恋するブライズメイド リズ・フィールディング


恋するブライズメイド (ハーレクイン・クラシックス)
ハーレクイン
リズ フィールディング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



<あらすじより>
デイジーは、兄の親友のロバートに子供のころから片思いをしている。
十六歳のクリスマスにふたりはキスをするが、半年後には彼が別の女の子とキスしているのを見てしまう。
以来、デイジーはロバートの妹分を演じてきた。
独身主義者で次々とつき合う女性を替えるロバートに、もう傷つけられたくないと思うからだ。
兄の結婚式でデイジーは花嫁のつき添いを務めることになり、準備に忙しい兄たちを見て胸がきゅんとなる。
ロバートのことは忘れよう。待つだけの存在からは卒業するわ。
あるパーティで出会った男性と会場を抜け出そうとしたデイジーは、とたんに、ロバートに連れ戻された。
「君はぼくのものだってことを忘れてもらっちゃ困るよ」そう言って彼はキスをしてきた。

<感想>
幼馴染のヒーローがヒロインへの愛に目覚めるまでのお話です。
基本ドロドロ人間関係が好きな私ですが、ここんところいい作品に出会ってなくて、普段は買わない路線を買ってみた。
うーん、いいデス! 一人、妄想逞しくして悶々としているヒーローが。
意地悪なライバルも邪魔な利害関係も一切でてきません。
回りはいい人ばかりの中で一人見えないライバルと戦うヒーロー(笑)
で、愛を告白されても冗談だと思いすぐに飛びつかないヒロインもイイ!
とっても素直に読みやすかったです。
たまなら、こういうこそばゆいお話もいいね。

<お気に入り度>
★★★★☆

この記事へのコメント